文化遺産オンライン

瑞獣文花瓶

ずいじゅうもんかびん

作品概要

瑞獣文花瓶

ずいじゅうもんかびん

金工 / 昭和以降

香取秀真作

昭和時代・20世紀

銅鋳製

1口

肩に瑞獣文を陽鋳で表した大型の花瓶。香取秀真は東京美術学校(現東京芸術大学)で鋳金を学び、古典的モティーフを継承しながら、確かな技術に裏づけられた格調高い作品を数多く残しました。また東洋金工史の研究にもすぐれた業績をあげました。

瑞獣文花瓶をもっと見る

香取秀真作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

秀真 / 香取 / 鋳る / 花瓶

関連作品

チェックした関連作品の検索