文化遺産オンライン

経筒

きょうづつ

作品概要

経筒

きょうづつ

考古資料 / 平安 / 福岡県

出土地:福岡県太宰府市太宰府天満宮境内出土

平安時代・久安3年(1147)

土製

1個

重要文化財

皿形の被せ蓋をもつ素焼の経筒です。身側面から内面上部にかけて白色顔料の下地を塗り、金箔を併用した彩色仏像を描いていたようですが、現在肉眼ではほとんど確認できません。蓋も当初は身と同様、彩色の文様などを施していたらしい痕跡を残しています。

経筒をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 福岡 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索