文化遺産オンライン

色絵於福香合

いろえおふくこうごう

作品概要

色絵於福香合

いろえおふくこうごう

陶磁 / 江戸

仁阿弥道八作

江戸時代・19世紀

陶製

高7.0 胴径5.5×4.8

1合

銘文:「仁阿弥」刻銘

「於福」とは「御多福」のこと。下膨れの顔に垂れ目の、愛嬌のある表情で、左手を上げ福を呼び込む姿が印象的です。道八は彫塑を得意としており、本作も小品ながら表情豊かにあらわされています。赤を主とした着物の表現も、京焼らしい華やかさを添えています。

色絵於福香合をもっと見る

仁阿弥道八作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

道八 / 仁阿弥 / Dōhachi / Ninnami

関連作品

チェックした関連作品の検索