文化遺産オンライン

住吉広守・住吉広行・板谷広当像

すみよしひろもり・すみよしひろゆき・いたやひろまさぞう

作品概要

住吉広守・住吉広行・板谷広当像

すみよしひろもり・すみよしひろゆき・いたやひろまさぞう

絵画 / 江戸

住吉広行、住吉広尚筆

江戸時代・18世紀

絹本著色

各92.6×42.0

3幅

銘文:寿美江広行謹書画 ; 広行 ; 无□□

住吉家から板谷(いたや)家が分立したときの住吉家当主広守(ひろもり)を中幅として、左幅に広当の息子で住吉家を継承した広行を配置する。左右幅は広行の息子広尚によって追加されたもので、中幅のみに広行による広守略伝が着賛される。

住吉広守・住吉広行・板谷広当像をもっと見る

住吉広行、住吉広尚筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

住吉 / 板谷 / / Sumiyoshi

関連作品

チェックした関連作品の検索