文化遺産オンライン

草花図

そうかず

作品概要

草花図

そうかず

絵画 / 江戸

板谷桂舟〈弘延〉他筆

江戸時代・19世紀

絹本着色

各108.0×44.6

2幅

銘文:桂舟弘延筆 ; 桂舟之印

画面を円相と団扇形に区切って青い外隈(そとぐま)をかけ、それぞれに春と秋の七つの草花を繊細に描く。春は菜の花、たんぽぽ、福寿草など、秋は薄(すすき)などが、丹念な観察に基づいて写生されている。板谷桂舟弘延(いたやけいしゅうひろのぶ)(1820~1859)は桂意広隆(けいいひろたか)の子で、板谷家の5代目にあたる。

草花図をもっと見る

板谷桂舟〈弘延〉他筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

板谷 / 住吉 / 桂舟 / Itaya

関連作品

チェックした関連作品の検索