浜松図真形釜 はままつずしんなりがま

その他の画像全2枚中2枚表示

金工 / 室町 

芦屋
室町時代・15世紀
鉄鋳造
1口
重要文化財

 口つくりは繰口【くりぐち】、肩に紐線【ちゅうせん】1条をめぐらす。胴には州浜【すはま】に屈曲の多い枝ぶりの松樹を繊細な調子で鋳出す。真形【しんなり】の端正な姿、鯰肌【なまずはだ】ともいわれる光沢のある茶褐色の肌あい、勇勁な鬼面鐶付【きめんかんつき】など芦屋釜の特色をよく示す、わが国茶の湯釜の代表作の一つである。

作品所在地の地図

関連リンク

浜松図真形釜チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蘆屋浜松図真形釜
古芦屋松梅文真形霰釜
蘆屋松梅図真形釜
霰地真形釜欠風炉
馬ノ図真形釜
馬ノ図真形釜

角谷一圭

ページトップへ