Mahakasyapa Smiling at the Lotus Flower

Details

Mahakasyapa Smiling at the Lotus Flower

Paintings / Meiji

By Hishida Shunsō (1874–1911)

Meiji era, 1897

Color on silk

145.7×272.7

1面

釈迦が華を拈(ひね)ってみせたとき、弟子の大迦葉だけがその意味を理解し、微笑して応じたという、師から弟子の心に伝える「以心伝心」の逸話を描く。岡倉天心の世界観にも影響を受けながら、若き春草は、線描主体の伝統的技法で厳かな場面を描いている。(20041123_h18)

Related Works

Search items related to work chosen