Clay Mask

Details

Clay Mask

Archaeology / Jomon / Nagano

Place excavated:Found in Matsumoto City, Nagano#

Jōmon period, 2,000–1,000 BC

土製

長15.5

1面

 土製の仮面は、縄文時代後期から晩期にかけての北・東日本の各地でみられる。土面には目や口をくり抜いた顔面大のものと、くり抜かずそれより小型のものの二種類がある。多くは集落内から出土し、顔面にあてるなどして儀礼で使われたと考えられる。

Search by Clay Mask

Search by Tokyo National Museum

Keywords

縄文 / Jomon / Clay / 土製

Related Works

Search items related to work chosen