Clay Figurine ([Dogū])

Details

Clay Figurine ([Dogū])

Archaeology / Jomon / Hokkaido

Place excavated:Found in Muroran City, Hokkaidō

Jōmon period, 1,000–400 BC

土製

高19.2 幅14.1 厚さ6.8 重量790

1個

Important Cultural Property

土偶は縄文時代草創期に上半身を簡略化したものが出現し、その後、全身を表現するようになり、後期・晩期には東日本で盛行します。多くは乳房の表現をもつことから女性を表すとみられ、出産などの子孫繁栄や、病気やけがを治すお守りとして用いられたと考えられています。

Related Works

Search items related to work chosen