文化遺産オンライン

色絵遠山若松図角皿

いろえとおやまわかまつずかくざら

作品概要

色絵遠山若松図角皿

いろえとおやまわかまつずかくざら

陶磁 / 江戸 / 明治

永樂和全作

江戸~明治時代・19世紀

陶製

高3.5 径21.0

1口

永樂和全は保全の長男に生まれ、永樂家第12代善五郎となった。永樂家特有の作品とともに京焼の伝統の作風を受け継いだものも多く、この作品では乾山の角皿に取材する。乾山の作風そのままでなく、よりデザイン化されたタッチで遠山に若松を描いている。

色絵遠山若松図角皿をもっと見る

永樂和全作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 乾山 / Eiraku / 色絵

関連作品

チェックした関連作品の検索