飲中八仙歌 いんちゅうはっせんか

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 江戸 

寂厳筆
江戸時代・明和5年(1768)
紙本墨書
1巻

寂厳は江戸中期の真言僧。正確に仏典を理解しようと、梵語(サンスクリット)や梵字に関する悉曇学の研究を行いました。これは、中国・唐時代の杜甫の詩「飲中八仙歌」を、唐様の草書体を駆使して揮毫したものです。巻末の落款により六十七歳の筆跡と分かります。
ルビ=ぼんご、ぼんじ、しったんがく、とほ、からよう、らっかん

作品所在地の地図

関連リンク

飲中八仙歌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

飲中八仙歌(杜甫/唐詩選)
篆書四種
篆書四種

市河蘭台筆

飲中八仙図
飲中八仙図

堀川敬周

巻菱湖法帖「楷書・飲中八仙歌(冊子)」
巻菱湖法帖「楷書・飲中八仙歌(折帖)」
ページトップへ