文化遺産オンライン

太刀 銘安家

タチ メイヤスイエ

作品概要

太刀 銘安家

タチ メイヤスイエ

金工

刃長:77.3cm 反り:3.2cm

1口

国宝

安家(やすいえ)は、平安時代後期に伯耆(ほうき)国(鳥取県)で活躍した刀工である。この太刀は身幅がやや狭く、腰反りが高く踏張(ふんば)りがあって姿は古雅である。作風も鍛えた板目肌(いためはだ)が古備前に似るが、一段と肌立ち、総体に黒味がかり、この点が特色となっている。黒田家に伝来したもので、安家の作品で在銘確実なものは現在この1口だけである。

太刀 銘安家をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

太刀 / / 反り /

関連作品

チェックした関連作品の検索