自画像 じがぞう

絵画 / 明治 

安井曽太郎筆
明治39年(1906)
板・油彩
32.0×22.5
1面

安井は、京都で木綿問屋を営む商人の家に生まれた。梅原龍三郎とともに昭和期を代表する洋画家として評価される。フランスに留学して後期印象派の巨匠ポール・セザンヌに傾倒し、影響を受けながら、日本的な油画を探求し続けた。

作品所在地の地図

関連リンク

自画像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋の城山
秋の城山

安井曽太郎

松原氏像
松原氏像

安井曽太郎

自画像(80歳)
自画像(80歳)

松岡寿筆

熱海野島別荘
熱海野島別荘

梅原龍三郎

安倍能成像
安倍能成像

安井曽太郎

ページトップへ