文化遺産オンライン

金銅独鈷杵

こんどうとっこしょ

作品概要

金銅独鈷杵

こんどうとっこしょ

金工 / 平安 / 京都府

出土地:京都市左京区花脊別所町 花背別所経塚出土

平安時代・12世紀

銅鋳造・鍍金

1口

密教法具の一種で、両端の先を1本の尖った形に作っている。尖りが1本なので独鈷杵という。3本ならば三鈷杵、5本ならば五鈷杵である。その原型は古代インドの武器であったといわれ、煩悩や邪悪なものを鋭利な武器で破砕するという意味をもつ。

金銅独鈷杵をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鈷杵 / / 独鈷 / こしょ

関連作品

チェックした関連作品の検索