文化遺産オンライン

伊勢新名所絵歌合(模本)

いせしんめいしょえうたあわせ(もほん)

作品概要

伊勢新名所絵歌合(模本)

いせしんめいしょえうたあわせ(もほん)

絵画 / 昭和以降

竹内喜一模

昭和時代・20世紀

紙本着色

345.0×1827.0

1巻

鎌倉時代後期に伊勢国の十の名所を詠んだ歌合絵の模本。歌合の様子が描かれた本場面には「ほのぼのと明石の浦のあさきりに島がくれゆく舟をしぞおもふ」の歌意を背景とした人麻呂像が掛けられている。人麻呂影供、影供歌合を彷彿とさせる場面として貴重である。

伊勢新名所絵歌合(模本)をもっと見る

竹内喜一模をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

歌合 / 不同 / 麻呂 /

関連作品

チェックした関連作品の検索