文化遺産オンライン

釈迦如来坐像

しゃかにょらいざぞう

作品概要

釈迦如来坐像

しゃかにょらいざぞう

彫刻 / 平安

平安時代・9~10世紀

木造、漆箔

高64.5 台座高36.4

1躯

からだの中心部を針葉樹の一材から造る一木造の像。いかり肩でやや肥満した肉付きと厳かな表情など平安時代前期の特色を示す。左腋下方にある渦状の衣文は画像に見られ、それを写したもので、この時代の像に多い。衣文が平行に整う点に和様化への兆しが見られる。

釈迦如来坐像をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 坐像 / 平安

関連作品

チェックした関連作品の検索