つぼ

考古資料 / 弥生 

2世紀 弥生時代
土製
最大径60.0 高53.0
1口

弥生時代後期の大型の壺で、凸帯や櫛描による簡素な施文を特徴とする。出土地不詳だが、形態的特徴から東海地方東部の土器と考えられる。弥生時代の土器の多様な展開を示す資料のひとつである。

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

広口壺
壺形土器
高坏
顔面付壺形土器
高坏
ページトップへ