広口壺 ひろくちつぼ

考古資料 / 弥生 

前2世紀 弥生時代
土製
最大径34.0 高45.0
1口

弥生時代中期の近畿地方にみられる典型的な形態の広口壺である。頸部が伸長して大きく朝顔形に開く点が特徴である。弥生時代の土器や地域文化の多様性を語る上で、欠くことのできない資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

広口壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

壺

広口壷
顔面付壺形土器
中野大沢出土の弥生土器
壺

ページトップへ