文化遺産オンライン

ナーガ上のガルダ

なーがじょうのがるだ

作品概要

ナーガ上のガルダ

なーがじょうのがるだ

彫刻 / その他アジア

制作地:カンボジア・バプーオン入口と象のテラス

アンコール時代・12~13世紀

砂岩

1組(5個)

鷲の頭に人間のからだを持つガルダは、ヒンドゥー教のヴィシュヌ神の乗り物です。蛇を食べるといい、蛇神ナーガを口にする場面を表現したものもあります。上げた両腕の後方には翼があらわされています。最下段と上の2段は本来別のもので違う場所で倒壊していたのでしょう。(東洋館130102_t11)

ナーガ上のガルダをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

関連作品

チェックした関連作品の検索