道号「鉄牛」

 / 室町 

養叟宗頤筆
室町時代・15世紀
紙本墨書
1幅

養叟宗頤は南北朝から室町時代にかけての臨済宗の僧。大徳寺第27世。紀伊・徳禅院の開祖である。これは「鉄牛」の2字を大書したもの。師が弟子に書き与えた道号(どうごう)と考えられるが、鉄牛なる人物については未詳。

作品所在地の地図

関連リンク

道号「鉄牛」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

偈

鉄牛道機

杜甫騎驢図賛
杜甫騎驢図賛

一休宗純筆

紙本墨画淡彩山水図〈一技希維筆/〉
鉄牛律師像
鉄牛律師像

喜多元規、鉄牛道機

賈島詩
賈島詩

鉄舟徳済筆

ページトップへ