Pseudonym “Tetsugyū”

Details

Pseudonym “Tetsugyū”

calligraphy / Muromachi

By Yōsō Sōi (1376–1458)

Muromachi period, 15th century

Ink on paper

1幅

養叟宗頤は南北朝から室町時代にかけての臨済宗の僧。大徳寺第27世。紀伊・徳禅院の開祖である。これは「鉄牛」の2字を大書したもの。師が弟子に書き与えた道号(どうごう)と考えられるが、鉄牛なる人物については未詳。

Related Works

Search items related to work chosen