Tea bowl Design of chrysanthemums in overglaze enamels Studio of Ninsei

Details

Tea bowl Design of chrysanthemums in overglaze enamels Studio of Ninsei

ceramics / Edo

仁清

Edo period, 17th century

高7.5 口径12.5 底径5.9

1口

半筒形の茶碗で、腰に面取り箆を加えた姿はいかにも軽快で、高台には鋭い箆の切れ味を示す。赤地に金彩を効果的に使った意匠取りの巧さは流石であり、人目を魅了する策を狙った仁清の意匠取りの巧さが光る。高台内の右脇に通例の通り仁清の小印が捺される。

Related Works

Search items related to work chosen