文化遺産オンライン

色絵梅花文茶碗

いろえばいかもんちゃわん

作品概要

色絵梅花文茶碗

いろえばいかもんちゃわん

陶磁 / 江戸

仁清、「仁清」印

江戸時代・17世紀

高5.2 口径12.3*13.0 底径5.3

1口

 京焼の色絵を大成したのが野々村仁清(ののむらにんせい)であった。優美な形や鋭い高台の削りに技の冴えが見られ、上絵具に金銀泥を加えた華やかな梅図には小画面ながらも大幅の気宇が宿る。口縁が少し歪むのは、桃山の歪みの造形精神を仁清らしく端正に仕上げた結果である。
(2003/12/02_h11)

色絵梅花文茶碗をもっと見る

仁清、「仁清」印をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

仁清 / 色絵 / 野々村 / Ninsei

関連作品

チェックした関連作品の検索