文化遺産オンライン

色絵椿松竹梅文透入重蓋物

いろえつばきしょうちくばいもんすかしいりじゅうふたもの

作品概要

色絵椿松竹梅文透入重蓋物

いろえつばきしょうちくばいもんすかしいりじゅうふたもの

陶磁 / 江戸

京焼

江戸時代・18世紀

陶製

総高25.6 口径19.6 底径19.5

1具

やきもので作られた、三段重ねの重箱です。上から見ると、5弁の花の形をしています。外側には青と緑、そして金色で松と竹の枝がつながっているように描かれています。側面の四角い窓の中には編み目模様が、そして蓋には椿が、透かし彫りであらわされています。それぞれの段の内側は金色。外側からは見えませんが、各段の底には松、梅、竹が描かれています。青や緑と落ち着いた雰囲気の色合いですが、透かし彫りの間から金色がきらきらと見え、おめでたいモチーフが内外にちりばめられた、華やかな作品です。
青や緑をベースに金彩を加え、限られた色合いで表現をしているのは、京都でつくられた色絵陶器、古清水(こきよみず)の特徴です。この重箱のように、本来は漆器や木工品として作られる器の形をやきもので作ったところも面白い点で、軽やかさを生み出しているようです。

色絵椿松竹梅文透入重蓋物をもっと見る

京焼をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 色絵 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索