御飾書 おかざりしょ

その他の画像全6枚中6枚表示

文書・書籍 / 江戸 

万治3年/1660
紙本 書冊
縦17.8㎝×横24.8㎝
2冊

本書は足利将軍邸における座敷飾の礼式を記したもの。序文によると、室町幕府8代将軍足利義政に同朋衆として仕えた相阿弥(真相)が、東山御座敷とそこでのご道具飾について記し、10代将軍義稙へ進上した内容を、江戸時代の万治元年(1660)に刊行したとある。相阿弥(真相)は室町時代の茶式に詳しく絵画にも長けた有名な人物である。
 これら東山殿御物の名物の中には大友宗麟が所有した「上杉瓢箪」の名前も見られ、当時大友家においても将軍家を規範に唐物を中心とする名物の収集、及びそれらを基調とした座敷飾が行われていたことが窺える。

作品所在地の地図

関連リンク

御飾書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古代飾
貞丈雑記
貞丈雑記

伊勢 貞丈

大友義鎮(宗麟)書状
遠浦帰帆図
遠浦帰帆図

玉澗筆

源頼朝書状
ページトップへ