貞丈雑記 ていじょうざっき

その他の画像全3枚中3枚表示

文書・書籍 / 江戸 

伊勢 貞丈
いせ さだたけ
江戸時代
刊本 書冊
縦26.3×横18.2
32冊

室町幕府の政所執事の家柄で、武家の礼法故実を伝える伊勢貞丈が、子孫のために書いた武家に関する故実研究書。貞丈の死後、天保14年(1843)に岡田光大らによって校正、刊行された。本書には礼法、祝儀から飲食、武具まで35分野にわたって室町幕府における武家の儀式や作法などが図入りで解説されている。
 また、足利将軍御所の建物や造作、座敷飾についても記されており、幕府体制下での館の造りや、規式・作法のあり様を知ることができる。

作品所在地の地図

関連リンク

貞丈雑記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

犬追物図説
犬追物図説

伊勢貞丈

御飾書
二階堂家文書(四百七十六通)
蘭船持渡の蘭書目録
広益国産考
広益国産考

大蔵永常

ページトップへ