文化遺産オンライン

山城切(春興)

やましろぎれ しゅんきょう

作品概要

山城切(春興)

やましろぎれ しゅんきょう

/ 平安

伝藤原定頼筆

平安時代・12世紀

紙本墨書、掛幅装

本紙:縦25.7×横30.0、全体:縦119.8×横45.6

1幅

銘文:(堂本)印象之記

 『和漢朗詠集』の断簡。もとは綴葉装(てっちょうそう)の冊子本として伝存したが、昭和14年(1939)京都で分割された。これにちなんで京都の旧国名山城をとって名付けられたもの。藤原定頼筆と伝えるが、その書風から推して、12世紀の書写と推定される。

山城切(春興)をもっと見る

伝藤原定頼筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 書写 / 朗詠 / 和漢

関連作品

チェックした関連作品の検索