和漢朗詠集 巻下 わかんろうえいしゅう まきげ

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 

伝後醍醐天皇筆
鎌倉時代・元徳2年(1330)
1帖

『和漢朗詠集』巻下を書写した冊子本。読点を朱書で、読み仮名や送り仮名を墨書で書き込んでいます。奥書に元徳2年(1330)の年紀があり、抑揚があって筆力のある書風は鎌倉から室町時代への移行期の様相を示しています。ルビ:おくがき、

作品所在地の地図

関連リンク

和漢朗詠集 巻下チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和漢朗詠集切
和漢朗詠集切

伝寂蓮筆

和漢朗詠集(龍田切)
新撰朗詠集〈上下/〉
和漢朗詠集切(雲紙本)
和漢朗詠集切(雲紙本)

伝寂蓮筆Attributed to Jakuren (1139?-1202

和漢朗詠集巻上(久松切)
ページトップへ