文化遺産オンライン

四天王寺講堂

してんのうじこうどう

作品概要

四天王寺講堂

してんのうじこうどう

宗教建築 / 昭和以降 / 近畿

大阪府

昭和中/1963

鉄骨鉄筋コンクリート造平屋建、瓦葺、建築面積317㎡

1棟

大阪府大阪市天王寺区四天王寺一丁目

登録年月日:20220629

登録有形文化財(建造物)

金堂後方に位置する鉄骨鉄筋コンクリート造による復元講堂。一重、入母屋造錣葺。東西規模、丸太材による隅扇垂木、風鐸は発掘成果に基づく。金堂に比べて柱が細く、胴張弱いのは初唐様式を参考に差別化した。発掘成果に基づき古代寺院の姿を復元した初例。

関連作品

チェックした関連作品の検索