文化遺産オンライン

桃水滴

ももすいてき

作品概要

桃水滴

ももすいてき

金工 / 江戸

江戸時代・17~18世紀

銅鋳造

高8.0 幅12.0 重310g

1口

 植物水滴は、野菜、果物があるが、野菜では茄子や瓜などふっくらとした形のものが多い。手取りのよさと水の容量が多くなるからであろう。同様に果物では桃がほとんどである。なんの変哲もない野菜を水滴としてしまう江戸時代の人々の発想に感心させられる。
(2007/04/10_h14)

桃水滴をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

水滴 / Dropper / Water / すいてき

関連作品

チェックした関連作品の検索