文化遺産オンライン

槙図屏風

まきずびょうぶ

作品概要

槙図屏風

まきずびょうぶ

絵画 / 江戸

尾形光琳筆

江戸時代・18世紀

紙本金地着色

152.1×157.5

2曲1隻

 槙の木の上枝が、画面の右方に立ち並び、ゆるやかな枝のカーブと一枚一枚を丹念に描いた槙の葉がリズムを生みだして、金箔の空間に爽やかな風が通り抜ける。もともと右方向に画面が続いていた作品を、現在の二曲一隻のかたちに切り詰めたものと考えられる。

槙図屏風をもっと見る

尾形光琳筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 屏風 / 金地 /

関連作品

チェックした関連作品の検索