澱青釉四方水注 でんせいゆうよほうすいちゅう

その他の画像全2枚中2枚表示

陶磁 /  / 中国 

宜興窯
制作地:中国
清時代・17~18世紀
陶質
総高11.3 長径15.1 底径11.7
1口

江蘇省の太湖の西方に位置する宜興窯で焼かれた茶壺である。宜興窯は紫砂器で有名であるが、この茶壺のように鈞窯(均窯)の釉調に倣ったものは宜均と呼ばれている。小ぶりで丁寧に作られており、四方の珍しい器形であることから、煎茶人に愛された。

作品所在地の地図

関連リンク

澱青釉四方水注チェックした作品をもとに関連する作品を探す

澱青釉輪花鉢
澱青釉輪花鉢

中国・鈞窯

澱青釉碗
澱青釉碗

鈞窯

一重口水指(柴庵)〈信楽/〉
澱青釉紫紅斑碗
澱青釉紫紅斑碗

中国・鈞窯

巴文大壺〈珠洲/〉
ページトップへ