褐釉瓢形火入 かつゆうひさごがたひいれ

陶磁 / 江戸 

高取
江戸時代・17世紀
高7.8 口径10.1 底径6.2
1口

胴の中央がくびれた瓢形をした火入。全体に鉄釉が掛けられたのち、口縁部には、灰を主体とし焼成すると複数の色合いをなす、いわゆる高取釉が掛けられ、前面に流れて景色となっている。近代を代表する茶人で実業家の松永耳庵【まつながじあん】(安左エ門【やすざえもん】)旧蔵。(横山氏執筆)

作品所在地の地図

関連リンク

褐釉瓢形火入チェックした作品をもとに関連する作品を探す

褐釉茶入 銘 木間
美濃伊賀水指
灰被天目茶碗(虹)
瀬戸耳付水指
黒織部茶碗
ページトップへ