文化遺産オンライン

真鍮踏絵 キリスト像(エッケ・ホモ)

しんちゅうふみえ きりすとぞう

作品概要

真鍮踏絵 キリスト像(エッケ・ホモ)

しんちゅうふみえ きりすとぞう

彫刻 / 江戸

萩原祐佐作

江戸時代・寛文9年(1669)

真鍮製

長18.9×幅13.6×高2.3 脚高0.9

1枚

重要文化財

真鍮踏絵を用いるようになった1670年以降、長崎ではすべての領民を正月に集めて行なう年中行事になり、市+いち+が出て賑わったという。また、真鍮踏絵は信仰の対象でなく奉行所の注文で作られたため、キリシタンがこれを踏む苦痛は板踏絵よりは軽減されたという。(C-719、722、726、1006共通)

真鍮踏絵 キリスト像(エッケ・ホモ)をもっと見る

萩原祐佐作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

踏絵 / trample / 真鍮 / Fumie

関連作品

チェックした関連作品の検索