Tea Bowl

Details

Tea Bowl

ceramics / Edo

By Chōnyū (1714–70); Raku ware, black Raku type

Edo period, 18th century

高8.1 口径11.0 高台径4.5

1口

 長入は樂家第七代。長入自身が書いた箱書から、長次郎七種の一つである鉢開の写しであることが知られますが、艶やかな黒釉や、俗に五岳と呼ばれる波打つ口縁、見込みを螺旋状に茶筅摺りから茶溜りに連続して削る点などに、長入の独自の創意が窺われます。

Related Works

Search items related to work chosen