隅寺心経 すみでらしんぎょう

 / 奈良 

伝空海筆
奈良時代・8世紀
紙本墨書
1幅

「隅寺心経」は、弘法大師・空海の筆跡と伝えられるが、その書風から天平時代の書写と推定される。空海が隅寺(海龍王寺)によく通ったことと、江戸時代に同寺から多数の般若心経(はんにゃしんぎょう)が出たことからの言い伝えである。(20041005_h012)(20170711_h012一部変更) 

作品所在地の地図

関連リンク

隅寺心経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

隅寺心経
隅寺心経

伝空海筆

弘法大師御勘文
空海筆 金剛般若経開題残巻(三十八行)
中阿含経 巻第九(善光朱印経)
最澄筆 尺牘(久隔帖)
ページトップへ