文化遺産オンライン

朝顔狗子図杉戸

あさがおくしずすぎと

作品概要

朝顔狗子図杉戸

あさがおくしずすぎと

絵画 / 江戸

円山応挙筆

江戸時代・天明4年(1784)

板絵着色

各 縦168.3 横81.4

2枚

 あざやかな群青と緑の配色が発する清涼感、じゃれ遊ぶ子犬たちの愛くるしさ。当館庭園内、応挙館の廊下を仕切る杉戸絵。応挙館は、もと愛知県・明眼院【みょうげんいん】の書院で、三井財閥総帥益田孝を経て当館へ寄贈された。画家の優しいまなざしを感じていただきたい。

朝顔狗子図杉戸をもっと見る

円山応挙筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

応挙 / 杉戸 / 円山 /

関連作品

チェックした関連作品の検索