文化遺産オンライン

文昌星

ぶんしょうせい

作品概要

文昌星

ぶんしょうせい

絵画 / 明治

大庭学僊筆

明治27年(1894)

絹本着色

137.8×53

1幅

文昌星は学問を司る神とされた星で、北斗七星の第一星で魁星(かいせい)ともいう。中国では科挙試験の受験生に信奉された。山口に生まれた学僊は、徳山(とくやま)藩で御用絵師に学び、のち京都に出てさらに明治維新後、東京に移り東京画壇で重要な位置を占めた。

文昌星をもっと見る

大庭学僊筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 東京 / 大庭

関連作品

チェックした関連作品の検索