大久保甲東像 おおくぼ こうとうぞう

絵画 / 明治 

高橋由一筆
明治14年(1881)
カンバス・油彩
118.2×73.6
1面

大久保甲東(利(とし)通(みち)・1830~78)は幕末の薩(さつ)摩(ま)藩士で、明治時代となって政治家として活躍しました。公武合体運動に参加し、長(ちょう)州(しゅう)藩士の桂(かつら)小(こ)五(ご)郎(ろう)(木(き)戸(ど)孝(たか)允(よし)・1833~77)と結んで薩長連合を成立させ、王政復古の指導的役割を果たしました。(20100406_h18)

作品所在地の地図

関連リンク

大久保甲東像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

開拓小笠原島之碑
開拓小笠原島之碑

大久保利通撰・篆額、日下部鳴鶴筆、広群鶴刻

箱根
箱根

平木政次筆

雨中山水
雨中山水

熊谷直彦筆

寺島宗則像
寺島宗則像

黒田清輝筆

雪景
雪景

高橋由一筆

ページトップへ