文化遺産オンライン

七言絶句

しちごんぜっく

概要

七言絶句

しちごんぜっく

/ 江戸 / 明治

大久保利通筆

江戸~明治時代・19世紀

紙本墨書

本紙 縦126.3 横61.2

1幅

大久保利通は薩摩藩の下級武士の家に生まれ、藩政を掌握した島津久光の側近として幕末の政局に大きな役割を果たした。維新後は参議、内務卿として新しい制度の確立と近代産業の振興、外交問題の処理に尽力したが、旧士族の反抗に対処する中で暗殺された。

中国製の蠟箋に書いた七言絶句。『大久保利通日記』明治7年11月2日条に文言のよく似た詩があり、この年に起こった台湾出兵をめぐる交渉のため出張した清国で、交渉が妥結した後の作と推定される。

七言絶句をもっと見る

大久保利通筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

利通 / 大久保 / Meiji / 七言

関連作品

チェックした関連作品の検索