Chinese-style Quatrain in Seven-character Phrases

Details

Chinese-style Quatrain in Seven-character Phrases

calligraphy / Meiji

By Shoda Tansai (1815-76)

Meiji period, 19th century

Ink on paper

1幅

荘田胆斎は会津藩士で名を忠坦と言い、星研堂、巻菱湖に書を学んで藩の右筆となった。維新後は一時新政府に務めたが、明治6年(1873)に清国に渡り、江南の書家と交流を深めた。

清に渡航した胆斎が蘇州から杭州に向かう船の中で詠んだ詩。張継の「楓橋夜泊」をもとにしており、清国人から「寒山寺先生」と賞されたと伝えられる。清国滞在中の詩を集めた『西航漫吟』(明治17年)に収載される。

Related Works

Search items related to work chosen