文化遺産オンライン

似林紀句

はやしつなにしめすく

作品概要

似林紀句

はやしつなにしめすく

/ 明治

榎本武揚筆

明治12年(1879)

紙本墨書

本紙 縦128.5 横56.3

1幅

榎本武揚が、清の張問陶(船山)の詩句を「士君子立身の骨子」であると勧めた書。贈られた林紀(研海:1844-82)は、榎本とともに留学し医学を学び、林の妹が榎本の妻となった。維新後は徳川家に仕えた後、新政府で陸軍軍医総監を務めた。

榎本武揚は留学生としてオランダに学んだ後、幕府海軍を率いて維新政府軍と戦い敗北。投獄されたが、その能力を惜しまれて新政府に登用され、ロシア公使、海軍卿、逓信大臣をはじめ要職を歴任した。
(180710_h021/22明治150年)

似林紀句をもっと見る

榎本武揚筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Meiji / 維新 / 政府 / 明治

関連作品

チェックした関連作品の検索