文化遺産オンライン

五言律詩 陶淵明「飲酒 其八」

ごごんりっし とうえんめい いんしゅそのはち

作品概要

五言律詩 陶淵明「飲酒 其八」

ごごんりっし とうえんめい いんしゅそのはち

/ 明治

巌谷一六筆

明治時代・19世紀

紙本墨書

1幅

 巌谷一六は近江水口藩の医師の家に生まれ、名は修。維新後、新政府に出仕して太政官に務め、内閣大書記官、元老院議官、貴族院議員などを歴任するかたわら、書家、漢詩人として多くの作品を残している。

陶淵明の「飲酒二十首」のうちから第八の一節を揮毫した大幅。博物館への収蔵は早く、明治7年(1874)頃の作品と推定される。
(180710_h021/22明治150年)

五言律詩 陶淵明「飲酒 其八」をもっと見る

巌谷一六筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

政府 / Meiji / 維新 / 明治

関連作品

チェックした関連作品の検索