十二天面 梵天 ジュウニテンメン ボンテン

彫刻 

縦:32.0cm 耳張:18.4cm
1面
重要文化財

かつて東寺に伝来し、灌頂会に用いられていた十二天面のうちの梵天面で、この他に6面が当館の所蔵となっている。慈悲相の本面および帝釈天・日天がキリ材、老相の火天・風天と忿怒相の毘沙門天・伊舎那天がヒノキ材で作られている。ほかに、これと一連のものであったと考えられる面がホノルル美術館に2面所蔵されている。 十世紀の終り頃から、仏師定朝の父である康尚によって仏師の組織化がなされ、その工房を中心に端正な姿の仏像が製作された。本面は作風からみて、その時期に造像された彫刻作品との共通性が高く、長保2年(1000)に東寺宝蔵の火災の際に取り出されたと記録にのこる十二天面にあたるものと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

十二天面 梵天チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十二天像
伎楽面(力士)
木造十二天面〈梵天、帝釈天、多聞天、/風天、日天、火天、自在天〉
十二天像 梵天
乾漆力士形立像
ページトップへ