伊勢物語切 いせものがたりぎれ

 / 鎌倉 

伝藤原為家筆
鎌倉時代・13世紀
紙本墨書
1幅

『伊勢物語』の13段「武蔵鐙」。「むさしあぶみ さすがにかけて頼むには 問はぬもつらし問ふもうるさし」の和歌を書写するが、左から二行目は「たのむ」を消して「おもふ」と書き加えている。「おもふ」というのは、鎌倉時代以前の『伊勢物語』古本の表現。ルビ:武蔵鐙むさしあぶみ

作品所在地の地図

関連リンク

伊勢物語切チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和歌初学抄〈藤原為家筆/〉
伊勢物語
伊勢物語

伝細川持之筆

伊勢物語(伝民部卿局筆本)
後撰和歌集巻第十断簡〈(白河切) /(人しらす あまのとを)〉
後撰和歌集巻第九断簡〈(白河切)/(おもひかは)〉
ページトップへ