Torazu

虎図

Details

Torazu

虎図

絵画

縦:99.7cm 横:146.6cm

1幅

岸駒(1749~1838)は、加賀金沢に生まれ、京都に出て、独学で円山・四条派や沈南蘋の画風を折衷して、一派を立てた。花鳥・山水・人物いずれにもすぐれ、ことにその「虎図は岸駒の虎」として世に賞せられた。

Search by Torazu

Search by 京都国立博物館

Keywords

/ / 円山 /

Related Works

Search items related to work chosen