Juseizu

寿星図

Details

Juseizu

寿星図

絵画

縦:89cm 横:36.3cm

1幅

岸駒(がんく:1756~1838)は金沢の出身。京都に出て写生系の作品を描きながら、次第に自己の画風を形成して行き、四条派と並ぶ京都の有力な画派をつくりあげた。 本図は、長命の象徴である寿星を描いた小品だが、岸駒のポキポキとした独特の線描がほどよく抑制されている。

Search by Juseizu

Search by 京都国立博物館

Keywords

/ / 京都 /

Related Works

Search items related to work chosen