虎に波図屏風 とらになみずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 江戸 

岸駒筆
江戸時代・文政6年(1823)
紙本墨画
各164.5×272.7
2曲1双

 岸駒は、江戸後期に京都を中心に活躍した絵師。越中あるいは加賀の出身とされ、京に出て、有栖川宮(ありすがわのみや)家や前田家に仕えるなど活躍し、岸派の祖となりました。虎の絵を得意としたことで知られ、本図にもみられる震えるような運筆が岸駒の特徴です。

作品所在地の地図

関連リンク

虎に波図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

虎図
虎図

岸駒

虎図
寿星図
龍虎図
龍虎図

岸駒

海辺老松図 第1面・月夜浮舟図 第4面
ページトップへ