Moon and Plum Tree

Details

Moon and Plum Tree

Paintings / Edo

By Ganku (1756-1838); inscription by Matsudaira Sadanobu (1758-1829)

Edo period, 19th century

Ink on silk

縦145.7 横65.7

1幅

梅の香気は、暗闇でもそれが咲いていることを知らせる。その暗香(あんこう)に由来してか、梅は月とともに詠われ描かれてきた。岸駒は円山派や長崎派の写実性を学び、さらに独自の画風を展開した画家。凛(りん)と咲く夜の梅が独特な筆さばきと大胆な構図で描き出されている。
(2005/02/08_h21)

Related Works

Search items related to work chosen