Hitotsubashitokugawakekankeishiryo

一橋徳川家関係資料

Details

Hitotsubashitokugawakekankeishiryo

一橋徳川家関係資料

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 室町 / 江戸 / 明治 / 関東

茨城県

室町~明治

文書記録類4017点,書画・典籍類224点,器物類460点,写真14点

茨城県水戸市緑町2-1-15

重文指定年月日:20200930
国宝指定年月日:
登録年月日:

茨城県

国宝・重要文化財(美術品)

一橋徳川家は、八代将軍徳川吉宗の四男宗尹(むねただ)を家祖とし、一〇代茂(もち)栄(はる)の代に明治を迎えた。通称の一橋は江戸城一橋門内近くに屋敷を構えたことに由来し、田安・清水両徳川家とともに御三卿(ごさんきよう)と称された。同家から一一代将軍家(いえ)斉(なり)、一五代将軍慶(よし)喜(のぶ)が出た。
 本資料群は、一橋徳川家の家臣団が完全に解体した明治三年(一八七〇)以前に同家に伝来したことが明らかなものを指定の対象とした。
 文書・記録類では、まず朝廷が発給した位(い)記(き)・口(く)宣(ぜん)案(あん)・宣(せん)旨(じ)等が授受された当時の形状でまとまって伝存し、同家の高い家格を示す文書として貴重である。ほかでは、日記・御用留類、家臣・領地関係、儀礼関係、家譜類などが質量ともにまとまって伝来する。これらは一橋家の家政や所領支配、または幕政への関与、将軍家や大名家との交際の実際を窺うことができる史料群である。その他特徴的な文書として、二代治(はる)済(さだ)自筆の文書がある。これらは「御書付」「御筆」と呼ばれた文書で、奉書紙を料紙とし、家老等へ宛てた下達文書である。家老等からの伺書に対し、了承の旨や別の指示を付札に書して回答した文書とともに、同家の意思決定に、治済が(前)当主として参画した具体を伝える史料である。
 書画・典籍類及び器物類は、儀礼や行事の場で用いたり、調度として誂えられた道具類、歴代当主が教養や趣味として揮毫・書写・収集した作品などから構成される。器物類は刀剣、拵、武具、染織・装束、能面、漆工、金工、木竹工、陶磁器、印章類など多彩である。これらは、落款や銘…

Related Works

Search items related to work chosen