文化遺産オンライン

厚板 紅緑段雲矢襖鱗模様

あついた べにみどりだんくもやぶすまうろこもよう

作品概要

厚板 紅緑段雲矢襖鱗模様

あついた べにみどりだんくもやぶすまうろこもよう

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1領

 もともとは厚い板に巻かれて輸入された中国産の織物の名称だった。能では男役のシテ(主役)が法被や狩衣など表着の下に着用する小袖として用いる。江戸時代中期以降は、表着の片方の袖を脱ぎ厚板の袖を見せることもあって、模様が唐織のように華やかに変化した。
ルビ:はっぴ かりぎぬ うわぎ からおり

厚板 紅緑段雲矢襖鱗模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

模様 / 唐織 / Noh / 表着

関連作品

チェックした関連作品の検索